OUTLINE

Australian choreographer and filmmaker Sue Healey

×

Japanese film cinematographer Kei Fushiki

×

5 prominent Japanese dance artists
( Naoko Shirakawa, Kenta Kojiri, Ema Yuasa, Nobuyoshi Asai, Saori Hala )

2019年2月14日(木)〜2月17日(日)

平日13:00〜20:00 /土日祝11:00〜20:00(最終日は17:00まで)

横浜赤レンガ倉庫1号館 2階スペースC

料金:入場無料

2.14 Thu – 2.17 Sun

2.14-15 13:00-20:00

2.16 14:00-20:00

2.17 11:00-17:00

Yokohama Red Brick Warehouse No1. 2nd Floor Space C

Free Admission

CONCEPT

2019年9月、振付家・映像作家のスー・ヒーリーとオーストラリアのアーティストたちと名古屋学芸大学の映像メディア学科の伏木啓率いる特別チームを結成し、愛知県芸術劇場小ホールと名古屋市の5箇所のロケーション地にて、「ON VIEW」プロジェクトのための映像撮影を行いました。
ダンサーのポートレイトをテーマにした撮影では、年代も経験も異なる個性的な5名の日本のダンサーに多様な角度からアプローチして、撮影を試みました。
5名のダンサーに課せられたタスクは、ロケーション撮影、動物とのコラボレーション、視線、三面鏡、銀の布、ボディパーツ、シルエットなど。カメラを意識しながら予め振付けられた、あるいはその場での即興も取り入れながら撮影されました。

この「ON VIEW:Japan」インスタレーションは、これらの5名のダンサーたちと映像とのコラボレーション作品です。「ON VIEW:Japan」の映像インスタレーション作品として横浜ダンスコレクション、TPAMの期間のみ限定公開します。


“On View”
On View seamlessly combines dance and film to interrogate ideas about portraiture, identity and the moving body. The works evoke the reverential spaces of a portrait gallery, a place where the moving body is analysed and the nature of portraiture is dissected and queried. It celebrates artists with unique skills, exposing diverse philosophies of moving and ways of thinking through the body.
Directed by Sue Healey : Sydney-based choreographer, educator, filmmaker and installation artist, Sue is one of Australia’s foremost independent dance-makers.
“ON VIEW : Japan” – produced by Aichi Prefetural Art Theater. To begin filming and rehearsing in September 2018, in Japan with 5 Japanese artists and Australian production team.
This is the first video Installation of Japanese version.

STAFF

スー・ヒーリー
スー・ヒーリーSue Healey Director

振付家、映画監督。オーストラリア・シドニーを拠点に活動。様々な形態、知覚、空間、コンテキスに向き合いダンスを創作し、アジア、米国、英国、オーストラリア、ニュージーランドで発表している。オーストラリア・カウンシル・フォー・アーツよりクリエイティブ・フェローシップ(2014)、メルボルン大学よりビクトリアン・カレッジ・オブ・アート・名誉フェローシップ(2015)を 受賞。映像作品でも広く評価されており、オーストラリア・ダンス・アワードのフィルム/ニューメディア/インディペンデントダンス部門、リールダンス(オーストラリア)、香港ダンスアワードのベスト・ビジュアル・デザイン部門などを受賞。また、数多くの主要な国際映画祭で自身の作品が上映されている。

SUE HEALEY – BIO 2018

www.suehealey.com
Sue Healey is a choreographer, filmmaker and installation artist, and one of Australia’s foremost independent dance-makers. Experimenting with form and perception, Healey creates dance for diverse spaces and contexts: theatres, galleries and the camera. Her work has toured to Asia, USA, UK and throughout Australia and New Zealand. Healey received a Creative Fellowship in 2014 from the Australia Council for Arts, and was made an Honorary Fellow of the Victorian College of the Arts, University of Melbourne 2015. Her films are widely acclaimed and have screened in many major international festivals and have won awards including; Australian Dance Awards for Outstanding Achievement in Dance on Film/New Media and Independent Dance, winner Reeldance Australia and recently a Hong Kong Dance Award – Best Visual Design 2018.

ジャッド・オヴェルトンJudd Overton Director of Photography

撮影監督
撮影監督として国際的に活動。オーストラリアン・フィルム・テレビジョン・ラジオ・スクールより修士号を取得。演劇、コメディ、テレビドラマ、長編映画、アート系映画の制作を主なフィールドとしている。現在はロサンゼルスを拠点に活動し、Netflixオリジナル作品『レットダウン ママはつらいよ』、2シーズンにわたリ受賞歴のある『No Activity』(CBSテレビ、製作:ウィル・フェレル)などの撮影を担当。 振付家・スー・ヒーリーとのコラボレーションは、長編映画『Virtuosi』や「ON VIEW」シリーズなど、10本の映像・インスタレーション作品にわたリ、数々の受賞歴がある。

Judd Overton

Judd Overton is an internationally awarded Director of Photography based in Los Angeles. A graduate of Australia’s National Film School AFTRS, Judd has over 20 years experience in the film and television industry and his cinematography has been awarded and nominated internationally including; The Academy Awards, Berlinale, Camerimage and Australian Academy (AACTA) and Australian Cinematographers Society (ACS).
His AACTA Winning project THAT SUGAR FILM is Australia’s highest grossing documentary of all time and is distributed by Samuel Goldwyn and STORIES OF AUSTRALIAN CINEMA is Nominated for the 2018 International Emmy’s.
In addition, Overton has photographed hundreds of television commercials for companies and directors around the world. Clients include; Audi, Toyota, Hyundai, Converse, McDonalds, Motorola, Master Card, Vodaphone, Jacobs Creek, G Star.

伏木啓Kei Fushiki Cinematographer

映像作家、演出家。
2001年、武蔵野美術大学大学院造形研究科修士課程修了。2006年〜08年まで、DAAD (ドイツ学術交流会) 奨学金を受賞しドイツに滞在、Bauhaus University Weimar(バウハウス大学ワイマール)MFA課程を修了する。映像表現を軸に、時間意識における線形性と非線形性の重なりを主題として、特定の場所の歴史的、空間的特徴にアプローチした映像インスタレーションや、様々なメディアを扱ったパフォーマンス作品を制作している。近年は、運河の水上に複数のスクリーンを浮かべた映像インスタレーション ”waltz”(名古屋市, 中川運河 / 2013, 14, 15, 18)を発表している。現在、名古屋学芸大学 メディア造形学部 映像メディア学科 准教授。

Kei Fushiki

Artist / Director of Intermedia Performance.
2001, Completion of MA degree at Musashino Art University. 2006-08, Awarded a DAAD scholarship and stayed in Germany, completion of MFA degree at the Bauhaus University Weimar. Creating visual images on the subject of a boundary between linearity and non-linearity on time consciousness. Also approaching media installation / performance works from the aspect of spatial uniqueness such as the historical background of the place. Some past works were realized in collaboration with other artists, such as installation artists, architects, composers and dancers. Recent years, he made media installation “waltz” (2013, 14, 15, 18), in which multiple screens with projected images are floated on Canal. Present, Associate Professor at Nagoya University of Arts and Sciences.

唐津絵理Eri Karatsu Producer

愛知県芸術劇場シニアプロデューサー。お茶の水女子大学文教育学部舞踊教育学科卒業、同大学院人文科学研究科修了。舞台活動を経て、日本初の舞踊学芸員として愛知芸術文化センターに勤務。2014年より現職。大規模で複合的なダンス&バレエ公演から、小規模の実験的なコンテンポラリー作品、屋外でのスペクタクルや教育普及事業までこれまで企画したプロジェクトは100を超える。2010年~16年あいちトリエンナーレのパフォーミングアーツ部門キュレーター。文化庁文化審議会文化政策部会委員、第65回舞踊学会大会実行委員長、アサヒグループ芸術文化財団選考委員、全国舞踊コンクール等の審査委員、大学の非常勤講師(文化政策、アートマネジメント、舞踊論)等、日本の舞台芸術や劇場の環境整備のための多様な活動を行う。著書に『身体の知性』等。

Eri Karatsu

She has studied at Faculty of Literature of Dance Studies of Ochanomizu University and received Master of Arts from graduate school.
Since 1992 she has worked at Aichi Arts Center as curator in dance and manages their programs. She became senior producer at Aichi Prefectural Arts Theater and especially focuses on the contemporary working in diversified fields, and produced a new works and plans a lot of dance performances and workshops, and collaboration with art, music and film.
From 2010 to 2016, she was curator of performing arts in Aichi Triennale, she has worked various programs including international coproduction. She has also served as a judge or committee member for the Cultural Policy Committee of the 6th Council for Cultural Affairs of the Agency for Cultural Affairs (2007–09).

CREDIT

パフォーマー:白河直子、小㞍健太、浅井信好、湯浅永麻、ハラサオリ
Performers: Naoko Shirakawa, Kenta Kojiri, Ema Yuasa, Nobuyoshi Asai, Saori Hala
ティレクション・編集:スー・ヒーリー
Director/Editor – Sue Healey
撮影監督:ジャッド・オヴァートン
Director of Photography – Judd Overton
映像監督:伏木啓
Cinematographer – Kei Fushiki
作曲:ダレン・ヴェルハゲン
Composer – Darrin Verhagen
音楽:ジャスティン・アシュワース
Additional Music – Justin Ashworth
フォーリー:マシュー・タンカード
Foley – Matthew Tankard
ドラマトゥルグ:ショナ・アースキン
Dramaturg – Shona Erskine
プロデューサー:唐津絵理(愛知県芸術劇場)
Producer – Eri Karatsu (Aichi Prefectural Art Theatre)

映像クルー: Film Crew
撮影:国枝淳志
Camera Operator – Atsushi Kunieda
撮影助手:久米脩哉
Assistant Camera Operator – Shuya Kume
照明デザイン:酒井隆英
Lighting Designer – Takahide Sakai
照明助手:高橋佳太郎
Assistant Lighting Designer – Keitaro Takahashi
助監督:福井通生
記録:伊藤仁美
Assistant Cinematographers – Michio Fukui, Masamo Ito
技術監督:世古口善徳(愛知県芸術劇場)
Technical Coordinator – Yoshinori Sekoguchi (Aichi Prefectural Art Theatre)
衣裳コーディネーター:菅井一輝
Stylist – Kazuki Sugai
通訳:黒野靖子
Interpretor – Yasuko Kurono
コーディネーター:西山葉子
Coordinator – Yoko Nishiyama
制作助手:加藤愛(愛知県芸術劇場)、小池陽子
Assistant Producer – Ai Kato (Aichi Prefectural Art Theatre),Yoko Koike
写真:羽鳥直志(日本)、ペッパ・サマヤ(オーストラリア)
Stills Photography – Naoshi Hatori (Japan), Pippa Samaya (Australia),
振付アシスタント:テラ・サマヤ
Choreographic Assistant – Tara Samaya
振付協力(白河直子):大島早紀子(H・アール・カオス)
Choreographic Contribution for Naoko Shirakawa – Sakiko Oshima (H Art Chaos)
ロケーション協力:河文、向野橋、名古屋市市政資料館、リンナイ株式会社、白鳥公園
Location Cooperation – KAWABUN, Koya Bridge, Nagoya City Archives, Rinnai Corporation,
Shirotori Garden

衣裳協力:matohu (Hiroyuki Horahita, Makiko Sekiguchi), Somarta, H・アール・カオス、Kie Yamamoto
Costume Cooperation – matohu (Hiroyuki Horahita, Makiko Sekiguchi), Somarta, H Art Chaos, Kie Yamamoto

With Assistance from:

製作:愛知県芸術劇場、ON VIEW:Japan実行委員会
Produced:Aichi Prefectural Art Theatre, ON VIEW: JAPAN Committee
協力:名古屋学芸大学映像メディア学科
Cooperation: Nagoya University of Arts and Sciences

協賛:2020文化芸術イニシアティヴ
助成:オーストラリア・カウンシル、クリエイトNSW
Supported by:The Arts and Culture Initiative 2020
Australia Council for the Arts, Create NSW
The Australia Council is the Australian Government’s arts funding and advisory body.