COMMENT

「長年ダンサー、コレオグラファーとして在籍したポールが率いる現在のNDTからは、様々な面で今のヨーロッパのコンテンポラリーダンスの状況が見て取れると思います。
現代社会と人間の内面を見事に反映するクリスタルの作品と、マルコのオリジナリティ溢れるムーブメントと音楽性、そして今のNDTのシグネチャーと言えるポール&ソルの作品は、それぞれ全く違う身体言語を要求しますが、それを見事にこなすダンサー達と、その個性の多様性は観るものに沢山のインスピレーションを与えてくれます。」
湯浅永麻(振付家・ダンサー・元NDT1)
在籍 2004-2006 NDT2 / 2007-2015 NDT1
「ヨーロッパ・トップクラスのコンテンポラリーダンスカンパニーネザーランド・ダンス・シアター(NDT)の来日公演おめでとうございます。
20歳の時、クラシックバレエの世界から未知の世界を魅せてくれた原点であるNDT。
インスピレーションの発祥地であるイリ・キリアン氏を主とした素晴らしい振付家とダンサーとの出会いに感謝しています。
濃厚な発想としなやかな身体の発展を持つ、斬新な舞台芸術をお見逃しなく!」
渡辺レイ(振付家・ダンサー・元NDT1)
在籍 1993-1997 NDT2 / 2002-2005 NDT1
「NDTが13年振りに来日すると聞いて心が躍った。イリ・キリアンが率いたこのダンスカンパニーは現在のコンテンポラリーダンスに多大な影響を及ぼしたし、その遺伝子を受け継いだポール・ライトフットは芸術監督として、より先鋭的で魅力的な集団にしたてあげた。その成果を今回直接観ることが出来る。演劇とダンスの境界線が溶解して久しいが、今回上演される四作品はいずれも私のような演劇人こそが注目すべきものだ。舞台芸術における可能性がどの作品にも満ち溢れている。鍛え上げられた肉体とその感性を、全力をかけて目撃して欲しい。」
白井晃(演出家・KAAT神奈川芸術劇場芸術監督)
「13年ぶりのNDTの来日の舞台は、その空白を埋めるように精選された4作品である。最高の振付家と評されたキリアンへのリスペクトはそのままに、さらなる展開がある。クラシック、モダン、コンテンポラリーの枠をこえ、舞踊で表現することの可能性がとことん追及された舞台。映像・音楽・美術・衣装・照明を含めたアーティスティックな仕事の質の高さからは、トータルシアターとしての訴求力にも注目したい。マルコ・ゲッケを始め、才走る振付家たちとNDTがあってこそ可能になった無二の達成度がここにある。ダンス作品における「物語性」とは? 「テクニック」をどう考えるのか?そんな難問に対する4つの応答が、今この舞台に着地するのだ。」
石井達朗(舞踊評論家)
「重力を無化するダンサー達の軽やかな浮遊。幾何学的シンメトリーの圧倒的快楽。劇場で見る拡張されたバレエの現在形をとても楽しみにしています。13年ぶりの来日とのことですが、こうしたプログラムがもっと気軽に見られると、個人的には嬉しく思います。」
環ROY(ラッパー)